過労死の企業名公開命じる/大阪地裁

こんにちは、西宮市の社会保険労務士・行政書士の中嶋です

 

昨日は趣味のゴルフに興じておりましたが、

北からの冷たい強風とときおりの雨にやられ

今年最悪のスコアをたたき出してしまいました

 

ゴルフだけは本当にうまくなるのが難しいですね

ちなみにゴルフにまつわる名言ですごく実感できるもの

 

『ゴルフのスイングにカエル以上の頭脳は必要ない』

『ゴルフの唯一の欠点は、面白すぎることだ』

『ゴルフとは朝に自信を与えるかと思えば

夕べには自信を失わしめるゲームである』

 

さて、過労死が起こった企業が企業名を不開示とする

ことについて、「違法」との判決が大阪地裁でありました

 

先日、過労自殺の裁判で弁護団の一員であった弁護士の

先生と話す機会がありましたが、過労死を企業に認めさせる

というのは非常に難しいことが多いとのことです

 

私などは過労死について、一つのニュースとしてのみ

とらえてしまいがちですが、当然その事件には遺族の

方々の戦いがあるわけで、その積み重ねが過労死を

無くす為の礎となっていくということを覚えておきたいと

思っています

 

 

理学療法士の過労死認定 横浜

こんにちは、西宮市の社会保険労務士・行政書士の中嶋功起です。

 

最近急激に寒くなりました

やせ型で寒がりの私はいつもブルブル震えているので

このところマナーモードの携帯電話着信バイブにすら

気が付かないくらいです

 

さて、横浜西労働基準監督署で病院勤務の理学療法士さんの

過労死が認定されたという記事がありました

 

患者さんのリハビリや治療が多忙であり、しかも院内での

研究発表などの準備を自宅でも深夜・早朝まで行っており

業務起因性が認められたようです

 

私の近親に病院勤務の理学療法士がいるため、他人事とは

思えない事件です

 

病院側は研究等について「自己研さん」という認識であったようですが

今回の例に限らず、過労死が起こって初めて労務管理のまずさに気付く、

ということであればやっぱり悲しいですね

 

 

裁量労働否定で残業代支払命令

こんにちは、西宮市の社会保険労務士、行政書士の中嶋功起です

 

昨日の深夜はケーブルテレビにかぶりつきでした

テニスの 錦織圭 VS ロジャー・フェデラー です

試合は錦織選手の完敗でしたが、フェデラーのバックハンドは

悔しいくらい美しいものでした

 

何より一番のシーンは、試合終了後、両選手が、ボールボーイの子供たち

一人ひとりにメダルをかけてあげていた所です

50人くらいの子供たちが誇らしげでけっこう感動しちゃいました

 

さて、サービス残業問題は本当に深刻であると思い知らされた事件

京都地裁で、裁量労働制にて働く男性から、残業代を請求され、1140万円の

支払い命令が下りました

裁量労働制は、労働者の裁量に任される仕事であるためあらかじめ労使で定めた時間を

働いたものとみなされるため、残業代が発生する余地はないはずなのですが、このたびは

裁量外の仕事をしていたとして残業代が認められたようです

 

裁量労働といい、名ばかり管理職といい、思いもよらない残業代が発生しないよう、

しっかり対応しないといけません 経営を揺るがす大問題になりかねませんね

 

時給引き上げた企業に助成金

こんにちは、西宮市の社会保険労務士、行政書士の中嶋功起です

 

昨日は文化の日でしたので

ちょっと出かけて京都の八坂神社に行ってきたんですが

目的は「雅楽」です

 

雅楽とは、起源は中国なんだそうですが、日本に昔からある音楽や舞で、

少し前は東儀秀樹さんがテレビでよく篳篥(ひちりき・・・短い笛のような楽器)を

吹いたりしてちょっとフィーチャーされていたこともありましたね

 

他には、源義経が五条大橋で弁慶と出会うときのイメージで吹いている横笛は

龍笛という笛で雅楽には欠かせない楽器です

ちなみに吹いてみたこともありますが、音を出すことさえかなり難易度の高いものでした

 

なんか一つくらい楽器をマスターしたいなと思いつつ32年が過ぎた文化感ゼロの男から

脱却したいもんです

 

さて、10月に最低賃金の改定が行われましたが

時給を引き上げた企業に、それによりかかった経費を一部支援するという

助成金制度がはじまります

最低時給者を800円以上にすることが必要なんですが、

これは対象都道府県がありまして、最低賃金が700円以下の都道府県のみで

対象となります

兵庫・大阪は最低賃金700円以上なのであんまり関係ないかもしれませんね

地方に支店がある企業さんなどは是非ご相談頂きたいところです

 

 

 

 

「接待も業務」で労災認定

こんにちは、西宮市の社会保険労務士・行政書士の中嶋功起です

 

今日の気になる記事は「接待も業務」として労災死が認定された

大阪地裁の判決です

 

ノキア大阪所長であった男性ですが

酒が飲めないにもかかわらず週5回得意先を接待

接待費用は会社負担

接待中は技術的な論議が交わされており、業務の延長だった

などとして過労死を認定、労働基準監督署の不支給決定を取り消しました

 

詳しくは判決文を読みたいなと思うのですが

私自身下戸なだけにこの事件は気になってしましました

お酒の席で周りの方は飲めないんだったら飲まなくていいよと言って頂くことが

多いのですが、(お酒をお付き合いできないことで)こっちが勝手に気を使ってしまう

ことがあって、あー酒飲めたらな・・・というのは過去何百回も思いました

 

まあ飲めないなら飲めないで経済的にはいいんでしょうけど(^_^;)

下戸でも酔わない薬とか早く開発してほしいです・・・

 

 

 

 

円の最高値更新続く

こんにちは、西宮市の社会保険労務士・行政書士の中嶋功起です

 

円高が止まりません

戦後最高値を更新するニュースが続いています

 

為替介入も日本単独ですと一時的な効果しかないようですし

国としても現実的にとるべき手段がないといった状態では

ないでしょうか

 

小宮山厚生労働大臣がこの状況を鑑み、雇用調整助成金の申請増加に

対応するよう指示を出したとの話もありました

またリーマンショック後のような状態になってしまうのでしょうか

しかも今回は出口が見えない長いトンネルになりそうな悪い予感もしてしまいます

 

数年前から日本の財政破綻についての書籍がよく売れているみたいです

日本がギリシャの二の舞になる・・・みたいな

これについては悲観論と楽観論が両者あってなかなか私などにはわかりにくいのですが

防衛策として資産の分散という点については、有効なのかなと思います

 

円だけでなく株式や投資信託、米ドル・豪ドル、不動産など、分散投資に大きな

デメリットはないように思います

 

もっとも私の資産など小さすぎて吹けば飛ぶようなものしかないのが辛いところですが・・・

メンタルヘルスチェック義務化へ

こんにちは、西宮市の社会保険労務士・行政書士の中嶋功起です

 

昨日からニュースでも取り上げられておりました、メンタルヘルス

チェックの義務化へ、労働安全衛生法が改正される方向とのこと

 

労務に携わる人にとっては一番難しい問題の一つなんじゃないでしょうか

メンタル不調である従業員への対応というのは当然これという

正解がないように思えますし、就業規則の休職規定、あるいは復職規程を

適用するにしても中小・零細企業においてはそういうもの自体がない場合も

多いです

 

今回は特に労災扱いとなった休業者の件数が取り上げられていました

過剰な時間外労働や社内の人間関係、セクハラやパワハラ、いじめ等が

原因かなと想像しますが、こういった根本原因をメンタルヘルスチェックで早期に

発見できれば価値があると思うんですが・・・

 

なんせ大体の人は真面目なんでギリギリまで我慢しそうな気がしますし・・・

 

結局、皆が気持ちよく働ける社風であれば健全なメンタルで仕事に臨めるはずで

それが一番いいのでしょうが、それには経営者の積極的な意思が必要だと感じます

 

特に私が関与する中小企業では経営者のキャラクターが社風にかなりの影響を

与えているケースが多いように思うからです

 

ということで、経営者にそれとなーく職場環境改善の良いアドバイスをするため

今後この分野+周辺分野をしっかり研究することに決めました

東電賠償請求の手続き支援に行政書士も

こんにちは、西宮市の社会保険労務士・行政書士の中嶋功起です

 

東京電力が作成した、損害賠償請求の請求書類はページが膨大で

かなりのブーイングものだったというニュースは記憶に新しい所ですが

 

このたび行政書士と弁護士約100名による、手続き支援チームが結成された

そうです(福島県郡山市に事務所設置予定)

 

行政書士の本領発揮となりそうです

おそらく東北近辺の先生方が中心なのだろうと思いますが

素晴らしい活躍をして下さるのではないかと期待しております

 

さて、私は私のできることを、ということで仕事を頑張っていきます

起業・開業支援に力を入れておりますので、これから起業時に

貰える助成金の情報をどんどん書いていくつもりです

 

 

残業代不払い問題

こんにちは、西宮の社会保険労務士・行政書士の中嶋功起です

 

残業代不払い123億円=労基署が1386社指導―10年度

 

という記事がでておりました

 

もちろん調査された数だけですからこれは氷山の一角で

こういう会社はまだまだあるのでしょう

 

私も労基署調査がきてから初めて対応の依頼を受け

その後顧問として労務管理にあたらせて頂いている

会社があります

 

また、これから将来出会うお客様にも残念ながらサービス残業を

(故意か過失かを問わず)行ってしまっている会社もあるかも

しれません

たまたまこういうニュースとして流れましたが

サービス残業については私たち社会保険労務士も

撲滅の責務の一端を担える存在だと思います

 

是非会社と社会保険労務士がタッグを組んでサービス残業を行わない、

行わなくてもよい体制づくりを目指せたら、仕事の本望なのですが・・・

頑張りたいところです!

 

 

 

最低賃金の改定

こんにちは、西宮の社会保険労務士・行政書士の中嶋功起です

 

タイの洪水被害はなかなか収束しないようです

学生時代に10日間ほどですがタイへ一人旅に

行ってそれからタイは大好きな国のひとつに

なりました

 

たくさんの日本企業も進出しているだけに打撃も大きいようです

落ち着いたらまた旅行にでも行ってわずかでも復興に貢献したい

なーと思いました

 

さて、10月から最低賃金が改定されました

兵庫県は739円

大阪府は786円

これを下回っている場合はすぐに対策を講じましょう