理学療法士の過労死認定 横浜

こんにちは、西宮市の社会保険労務士・行政書士の中嶋功起です。

 

最近急激に寒くなりました

やせ型で寒がりの私はいつもブルブル震えているので

このところマナーモードの携帯電話着信バイブにすら

気が付かないくらいです

 

さて、横浜西労働基準監督署で病院勤務の理学療法士さんの

過労死が認定されたという記事がありました

 

患者さんのリハビリや治療が多忙であり、しかも院内での

研究発表などの準備を自宅でも深夜・早朝まで行っており

業務起因性が認められたようです

 

私の近親に病院勤務の理学療法士がいるため、他人事とは

思えない事件です

 

病院側は研究等について「自己研さん」という認識であったようですが

今回の例に限らず、過労死が起こって初めて労務管理のまずさに気付く、

ということであればやっぱり悲しいですね

 

 

カテゴリー: blog

コメントは受け付けていません。