「接待も業務」で労災認定

こんにちは、西宮市の社会保険労務士・行政書士の中嶋功起です

 

今日の気になる記事は「接待も業務」として労災死が認定された

大阪地裁の判決です

 

ノキア大阪所長であった男性ですが

酒が飲めないにもかかわらず週5回得意先を接待

接待費用は会社負担

接待中は技術的な論議が交わされており、業務の延長だった

などとして過労死を認定、労働基準監督署の不支給決定を取り消しました

 

詳しくは判決文を読みたいなと思うのですが

私自身下戸なだけにこの事件は気になってしましました

お酒の席で周りの方は飲めないんだったら飲まなくていいよと言って頂くことが

多いのですが、(お酒をお付き合いできないことで)こっちが勝手に気を使ってしまう

ことがあって、あー酒飲めたらな・・・というのは過去何百回も思いました

 

まあ飲めないなら飲めないで経済的にはいいんでしょうけど(^_^;)

下戸でも酔わない薬とか早く開発してほしいです・・・

 

 

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>