再雇用拒否は合理的 / 神戸地裁

こんにちは、西宮市の社会保険労務士・行政書士の中嶋功起です

 

今年もとうとうあと1ヶ月

この時期になると・・・今年の干支が何だったか全く思い出せません

まあ何かを覚えるためには何かを忘れることも大事なんだと思います

 

さて、

神戸市兵庫区の船舶機器販売会社を定年退職した男性が、職務能力などに関する現役社員へのアンケートで

点数が低かったことを理由に再雇用を拒否されたとして、地位確認と給与支払いを求めた訴訟の判決で、

神戸地裁が請求を棄却した

ということがありました

 

65歳までの継続雇用義務がもう間近でありまして(現在は64歳)

再雇用に係る規程の重要性は言うまでもありませんが

 

今後、年金支給年齢の引き上げ議論が活発になれば同時に解決しなければ

ならない問題です

 

本当であれば65歳くらいでリタイアして、その後そこそこの年金生活・・・であれば

悪くないと思うんですが、70歳まで働くとかとなると結構ツライもんがありますよね

 

かくいう私は70歳までは働きたいと思っていますが・・・これも社会の要請(ニーズ)が

あってのこと

 

必要とされる人であるよう、若い時からの精進が大事ですね

 

過労死の企業名公開命じる/大阪地裁

こんにちは、西宮市の社会保険労務士・行政書士の中嶋です

 

昨日は趣味のゴルフに興じておりましたが、

北からの冷たい強風とときおりの雨にやられ

今年最悪のスコアをたたき出してしまいました

 

ゴルフだけは本当にうまくなるのが難しいですね

ちなみにゴルフにまつわる名言ですごく実感できるもの

 

『ゴルフのスイングにカエル以上の頭脳は必要ない』

『ゴルフの唯一の欠点は、面白すぎることだ』

『ゴルフとは朝に自信を与えるかと思えば

夕べには自信を失わしめるゲームである』

 

さて、過労死が起こった企業が企業名を不開示とする

ことについて、「違法」との判決が大阪地裁でありました

 

先日、過労自殺の裁判で弁護団の一員であった弁護士の

先生と話す機会がありましたが、過労死を企業に認めさせる

というのは非常に難しいことが多いとのことです

 

私などは過労死について、一つのニュースとしてのみ

とらえてしまいがちですが、当然その事件には遺族の

方々の戦いがあるわけで、その積み重ねが過労死を

無くす為の礎となっていくということを覚えておきたいと

思っています

 

 

理学療法士の過労死認定 横浜

こんにちは、西宮市の社会保険労務士・行政書士の中嶋功起です。

 

最近急激に寒くなりました

やせ型で寒がりの私はいつもブルブル震えているので

このところマナーモードの携帯電話着信バイブにすら

気が付かないくらいです

 

さて、横浜西労働基準監督署で病院勤務の理学療法士さんの

過労死が認定されたという記事がありました

 

患者さんのリハビリや治療が多忙であり、しかも院内での

研究発表などの準備を自宅でも深夜・早朝まで行っており

業務起因性が認められたようです

 

私の近親に病院勤務の理学療法士がいるため、他人事とは

思えない事件です

 

病院側は研究等について「自己研さん」という認識であったようですが

今回の例に限らず、過労死が起こって初めて労務管理のまずさに気付く、

ということであればやっぱり悲しいですね

 

 

裁量労働否定で残業代支払命令

こんにちは、西宮市の社会保険労務士、行政書士の中嶋功起です

 

昨日の深夜はケーブルテレビにかぶりつきでした

テニスの 錦織圭 VS ロジャー・フェデラー です

試合は錦織選手の完敗でしたが、フェデラーのバックハンドは

悔しいくらい美しいものでした

 

何より一番のシーンは、試合終了後、両選手が、ボールボーイの子供たち

一人ひとりにメダルをかけてあげていた所です

50人くらいの子供たちが誇らしげでけっこう感動しちゃいました

 

さて、サービス残業問題は本当に深刻であると思い知らされた事件

京都地裁で、裁量労働制にて働く男性から、残業代を請求され、1140万円の

支払い命令が下りました

裁量労働制は、労働者の裁量に任される仕事であるためあらかじめ労使で定めた時間を

働いたものとみなされるため、残業代が発生する余地はないはずなのですが、このたびは

裁量外の仕事をしていたとして残業代が認められたようです

 

裁量労働といい、名ばかり管理職といい、思いもよらない残業代が発生しないよう、

しっかり対応しないといけません 経営を揺るがす大問題になりかねませんね

 

時給引き上げた企業に助成金

こんにちは、西宮市の社会保険労務士、行政書士の中嶋功起です

 

昨日は文化の日でしたので

ちょっと出かけて京都の八坂神社に行ってきたんですが

目的は「雅楽」です

 

雅楽とは、起源は中国なんだそうですが、日本に昔からある音楽や舞で、

少し前は東儀秀樹さんがテレビでよく篳篥(ひちりき・・・短い笛のような楽器)を

吹いたりしてちょっとフィーチャーされていたこともありましたね

 

他には、源義経が五条大橋で弁慶と出会うときのイメージで吹いている横笛は

龍笛という笛で雅楽には欠かせない楽器です

ちなみに吹いてみたこともありますが、音を出すことさえかなり難易度の高いものでした

 

なんか一つくらい楽器をマスターしたいなと思いつつ32年が過ぎた文化感ゼロの男から

脱却したいもんです

 

さて、10月に最低賃金の改定が行われましたが

時給を引き上げた企業に、それによりかかった経費を一部支援するという

助成金制度がはじまります

最低時給者を800円以上にすることが必要なんですが、

これは対象都道府県がありまして、最低賃金が700円以下の都道府県のみで

対象となります

兵庫・大阪は最低賃金700円以上なのであんまり関係ないかもしれませんね

地方に支店がある企業さんなどは是非ご相談頂きたいところです