「接待も業務」で労災認定

こんにちは、西宮市の社会保険労務士・行政書士の中嶋功起です

 

今日の気になる記事は「接待も業務」として労災死が認定された

大阪地裁の判決です

 

ノキア大阪所長であった男性ですが

酒が飲めないにもかかわらず週5回得意先を接待

接待費用は会社負担

接待中は技術的な論議が交わされており、業務の延長だった

などとして過労死を認定、労働基準監督署の不支給決定を取り消しました

 

詳しくは判決文を読みたいなと思うのですが

私自身下戸なだけにこの事件は気になってしましました

お酒の席で周りの方は飲めないんだったら飲まなくていいよと言って頂くことが

多いのですが、(お酒をお付き合いできないことで)こっちが勝手に気を使ってしまう

ことがあって、あー酒飲めたらな・・・というのは過去何百回も思いました

 

まあ飲めないなら飲めないで経済的にはいいんでしょうけど(^_^;)

下戸でも酔わない薬とか早く開発してほしいです・・・

 

 

 

 

円の最高値更新続く

こんにちは、西宮市の社会保険労務士・行政書士の中嶋功起です

 

円高が止まりません

戦後最高値を更新するニュースが続いています

 

為替介入も日本単独ですと一時的な効果しかないようですし

国としても現実的にとるべき手段がないといった状態では

ないでしょうか

 

小宮山厚生労働大臣がこの状況を鑑み、雇用調整助成金の申請増加に

対応するよう指示を出したとの話もありました

またリーマンショック後のような状態になってしまうのでしょうか

しかも今回は出口が見えない長いトンネルになりそうな悪い予感もしてしまいます

 

数年前から日本の財政破綻についての書籍がよく売れているみたいです

日本がギリシャの二の舞になる・・・みたいな

これについては悲観論と楽観論が両者あってなかなか私などにはわかりにくいのですが

防衛策として資産の分散という点については、有効なのかなと思います

 

円だけでなく株式や投資信託、米ドル・豪ドル、不動産など、分散投資に大きな

デメリットはないように思います

 

もっとも私の資産など小さすぎて吹けば飛ぶようなものしかないのが辛いところですが・・・

メンタルヘルスチェック義務化へ

こんにちは、西宮市の社会保険労務士・行政書士の中嶋功起です

 

昨日からニュースでも取り上げられておりました、メンタルヘルス

チェックの義務化へ、労働安全衛生法が改正される方向とのこと

 

労務に携わる人にとっては一番難しい問題の一つなんじゃないでしょうか

メンタル不調である従業員への対応というのは当然これという

正解がないように思えますし、就業規則の休職規定、あるいは復職規程を

適用するにしても中小・零細企業においてはそういうもの自体がない場合も

多いです

 

今回は特に労災扱いとなった休業者の件数が取り上げられていました

過剰な時間外労働や社内の人間関係、セクハラやパワハラ、いじめ等が

原因かなと想像しますが、こういった根本原因をメンタルヘルスチェックで早期に

発見できれば価値があると思うんですが・・・

 

なんせ大体の人は真面目なんでギリギリまで我慢しそうな気がしますし・・・

 

結局、皆が気持ちよく働ける社風であれば健全なメンタルで仕事に臨めるはずで

それが一番いいのでしょうが、それには経営者の積極的な意思が必要だと感じます

 

特に私が関与する中小企業では経営者のキャラクターが社風にかなりの影響を

与えているケースが多いように思うからです

 

ということで、経営者にそれとなーく職場環境改善の良いアドバイスをするため

今後この分野+周辺分野をしっかり研究することに決めました

東電賠償請求の手続き支援に行政書士も

こんにちは、西宮市の社会保険労務士・行政書士の中嶋功起です

 

東京電力が作成した、損害賠償請求の請求書類はページが膨大で

かなりのブーイングものだったというニュースは記憶に新しい所ですが

 

このたび行政書士と弁護士約100名による、手続き支援チームが結成された

そうです(福島県郡山市に事務所設置予定)

 

行政書士の本領発揮となりそうです

おそらく東北近辺の先生方が中心なのだろうと思いますが

素晴らしい活躍をして下さるのではないかと期待しております

 

さて、私は私のできることを、ということで仕事を頑張っていきます

起業・開業支援に力を入れておりますので、これから起業時に

貰える助成金の情報をどんどん書いていくつもりです

 

 

残業代不払い問題

こんにちは、西宮の社会保険労務士・行政書士の中嶋功起です

 

残業代不払い123億円=労基署が1386社指導―10年度

 

という記事がでておりました

 

もちろん調査された数だけですからこれは氷山の一角で

こういう会社はまだまだあるのでしょう

 

私も労基署調査がきてから初めて対応の依頼を受け

その後顧問として労務管理にあたらせて頂いている

会社があります

 

また、これから将来出会うお客様にも残念ながらサービス残業を

(故意か過失かを問わず)行ってしまっている会社もあるかも

しれません

たまたまこういうニュースとして流れましたが

サービス残業については私たち社会保険労務士も

撲滅の責務の一端を担える存在だと思います

 

是非会社と社会保険労務士がタッグを組んでサービス残業を行わない、

行わなくてもよい体制づくりを目指せたら、仕事の本望なのですが・・・

頑張りたいところです!

 

 

 

最低賃金の改定

こんにちは、西宮の社会保険労務士・行政書士の中嶋功起です

 

タイの洪水被害はなかなか収束しないようです

学生時代に10日間ほどですがタイへ一人旅に

行ってそれからタイは大好きな国のひとつに

なりました

 

たくさんの日本企業も進出しているだけに打撃も大きいようです

落ち着いたらまた旅行にでも行ってわずかでも復興に貢献したい

なーと思いました

 

さて、10月から最低賃金が改定されました

兵庫県は739円

大阪府は786円

これを下回っている場合はすぐに対策を講じましょう

技能オリンピック

技能オリンピックというのがあるそうです

 

ロンドンでつい先日まで開かれていたもの

ですが

やっぱり日本は強い!

 

旋盤やフライス盤、板金などの種目で

金メダルを獲得していました

 

手に職のある技術者には憧れます

自分には全くないもんですから・・・

 

もともとモノを作ること自体は小さいころは

好きだったはずなんですが・・・

なりたい職業がラーメン屋の時もありましたし

 

自分も他人から憧れられるような仕事ができるよう

日々頑張りたいところです

 

何度か書きました「雇用促進税制」について

今年の4月から8月までに事業年度が始まった会社は

雇用促進計画の提出期限が10月までです

 

出すだけならデメリットはないので是非ご一考下さい

 

西宮 社会保険労務士 行政書士 中嶋功起

行政書士と社会保険労務士

先週末、行政書士の先生5名との有志の食事会に

行ってきました

 

現在大活躍中の先生から、開業してさあ

これからという先生もおられ、多くの刺激を頂けた

有意義な時間となりました

 

行政書士業務は私も行っております

 

行政書士の業務は多方面に渡りますが

特にお客様の業務に必要な許可・認可を

とる仕事なんかは絶対ミスできない職人技に

近いところもあるなと感じました

(もっとも士業の仕事でミスしてもいい仕事なんて

ないわけですけれども)

日々の研鑽と練達が技術に結びつくところなんかも

職人っぽいですし

(これもどの士業にも言えることですね・・・)

 

一方、社会保険労務士の仕事は

 

一般的には顧問契約をして頂いた企業さまと長期にわたる

お付き合いになることが多いです

必然的にお客様との信頼関係をしっかり構築することが

とっても大事になります

 

そのためには日々の仕事をきっちりこなすことが大切な

わけですが、特に労務管理において不測の事態が

起こった場合にどれだけ力になれるかもポイントです

 

しかしながら・・・

 

本当は、そういう不測の事態が起こることを事前に

察知して予防することにこそ社会保険労務士の真価が

あったりもします

 

私のささやかな目標なんですが、

今現在私を利用してくださっている

お客様、そしてこれから出会うお客様から

30年後くらいに(私は60歳超えます)

 

「あの時中嶋くんと契約しといて良かったわ~」

 

と言って頂くことです

 

お客様の事業が継続・発展し

その足跡を振り返ったときに

少しでもお役に立てていたなら

この仕事を選んでよかったと

思えるような気がします

 

ずっと先の話になりそうですが・・・

 

 

 

雇用調整助成金要件緩和について

ユニクロが4年ぶりの減益だそうです

 

最近は国内で伸び悩んでいたようですが

自分のユニクロ利用頻度を思い返して

みるとヒートテックが出てきたときは

夫婦揃って買いに走っていた記憶が

あります

 

このところはあんまり利用していません

魅力ある商品がちょっと出てきてないのかな

小売業は日々の消費なので自分の体感と

会社の業績が結構連動してたりしますね

 

さて、雇用調整助成金ですが

円高の影響を考慮して要件緩和されました 23.10/7より

 

直近3カ月の生産量の平均を前年と比べていたところ、

直近1ヶ月の前年比比較で判定してもよいそうです

 

円高が原因での要件緩和らしいので

円高の自社への影響を示す書類などが

必要になるのかどうか

 

また確認しておきたいと思います

 

西宮市の社会保険労務士 行政書士 中嶋 功起

「雇用促進税制」その2

昨日10月10日は体育の日でした

最近は必死に100切りを目指すゴルフ

以外に全く運動しておりまんせんで・・・

 

おなか周りの脂肪が相撲取りのマワシ状態で

なかなか取れないどころかどんどん厚みを

増してしまっております(+o+)

 

その体育の日もゴロゴロしながら

「マルモのおきて」を楽しんでしまいました・・・

 

 

さて、「雇用促進税制」について、引き続き少しだけ

書いてみます

 

今回は注意事項になるのですが、この制度が周知され

始めたのは結構最近です

 

適用を受けるためには、事業年度開始後2カ月以内に

「雇用促進計画」を出さないといけないのですが、

たとえば3月決算の法人ですと今期の事業年度は

今年の4月からもうとっくに始まっているワケです

 

そのような場合の救済措置のようなもので、

23年4月~8月の間に事業年度を開始した場合は

23年10月31日までに雇用促進計画を提出すれば

よいことになっています

 

といっても10月ももう半分ちかく過ぎましたので、

利用したいという場合はちょっと急がないといけない

かもしれませんね

 

西宮市の社会保険労務士 行政書士 中嶋功起